煌凛「・・・これを」
煌凛「あの人に渡して頂けないでしょうか?」
煌凛「できれば、私の事も商の事も記憶から薄れた頃・・・きっとすぐには怒りを煽ってしまうから」
煌凛「・・・わたしが悪かったの、あの人を巻き込んでしまって」

つづき