煌凛「・・・せめてあの人だけでも・・・」

氷蓮「それは違うわ!?」

煌凛「・・・氷蓮ちゃん」

氷蓮「それは尚影を傷つける・・・」

氷蓮「その、死ぬ事よりも苦しい思い・・・わたし知ってるわ」

煌凛「・・・・・・」

煌凛「・・・ごめんなさい、それでもわたし、生きていて欲しいの・・・大切な人に」

つづき