揚華「お前が煌凛だな・・・」
煌凛「・・・貴方・・・」
揚華「・・・何の為に来たか、いうまでもないだろう、あんたもう逃げられないぜ」
揚華「おとなしく帰れば、どこで見つけたか黙っておく、後は自分で考えるんだな」

つづき