春河「お前が阿朱か」
阿朱「え?」
阿朱「貴方は誰?」
春河「春河という・・・異国の者だ」
春河「掌那に伝えてもらうよう言ったはずだったんだけどな」

つづき