魅紗「・・・・・・それが、ヴァルが作りたかったものなのね」
羽瑠「・・・・・・そうだな、時間は掛かったがやっと目的を遂げられた」
魅紗「魂を封印して、作った体に吹き込む壷」
魅紗「ねえ、ヴァルは何故、それを?誰かを生き返らせたいの?」

つづき