尚影「・・・私とって忠義を尽くすのは主上、ただ一人・・・それを武勇で証明致しましょう」
紂王「・・・そうか」
紂王「・・・それは良かった」
紂王「お前は勘違いしているようだか、我はあの女のことなど、少しも気にしておらぬ」

つづき