春河「成長した娘の顔が解るなんて、さすが母親だな」
春河「わたしの名は春河」
春河「主君、魅紗の命により、王子を保護しに来た」

つづき