李苑「貴女があやまる必要なんてないわ」
李苑「私は王家の者だもの」
李苑「命よりも大事なものがある・・・覚悟はできてる」
李苑「ただ、この子まで巻き込むことがとても辛かったの」

つづき