揚華「商に頼まれた仕事は終わった・・・あんたに危害を加えるつもりもない」
尚影「では何故!?」
揚華「ここからは、そのお嬢さんからの依頼だ」
揚華「あんたをここから通らせない」

つづき