魅紗「実際に顔を合わせるのは初めてになるわね、旬喩殿」
魅紗「躍らせていたはずの駒に返り討ちにあう気分はどう?」
旬喩「ふん、さっさと殺せ」
魅紗「私は兄や姉達と平和に暮らせればそれでよかった」

つづき