淳于「倒れた魅紗様を庇いつつ、一人であの場を切り抜けられましたよ」
淳于「本当、人とは思えないです」
羽瑠「・・・そいつはどうも」
羽瑠「魅紗、大丈夫か?」

つづき