氷蓮「それでね・・・」
淳于「尚影殿は居られるか」

つづき