”この機会を逃してなるものか・・・紂王の妹だぞ”
太伯「定かでもない迷信で、貴女を閉じ込め、独裁政治を繰り返す・・・そんな行いを許すわけにはいきません」
欄陵「・・・・・」
太伯「私が貴女を命に変えてもお守り致します・・・どうがお受けして頂けないでしょうか?」

つづき