揚華「・・・おかあさん!」
程々「どうしたの?揚華」
揚華「・・・また、左目が変なんだ」

つづき