帝鴻「なんと・・・」
帝鴻「金母殿ではありませんか」
帝鴻「久しいですね・・・やっと正体に気づかれましたか」
金母「そんなの、最初から気づいていたわよ」

つづき