春河「・・・いずれあの子は殺されると」
春河「覆水盆に返らず・・・後悔しても手遅れだ」
魅紗「こうなること、解っていたの?・・・・どうして、止めてくれなかったの?」

春河「魅紗・・・悪かった」

つづき