紂王「”王朝の最後には鬼の子が生まれる・・・商の王女がそうだ”と」
紂王「呪い、占い・・・それらによって築きあげられたこの国にとって、それがどれだけ致命的な事だと解るか?」
欄陵「・・・・・・迷信だ・・・」
紂王「真意などどちらでもいい・・・お前が居ては、この国は治める事が出来ぬのだ」

つづき