紂王「・・・お前を表に出せば余計に苦しめる事になるのだ」
紂王「・・・お前に特別な力があることは昔から気づいておった・・・不吉と唱える奴等の前にお前を出せば」
紂王「それこそ、お前が耐えられぬだろう・・・だが、助けたなどとは言わぬ、我の行いもまた卑劣なのだから」

つづき