東華「私とて、決して勤勉とは言いがたい」
東華「これを書くことだけが、唯一の楽しみなのだ」
東華「これを、あの人の元へ届けておくれ」

天鶏「はい」

つづき