欄陵「・・・もう限界じゃ」
欄陵「この胸に渦巻くドロドロとしたものを抑えられぬ」
欄陵「・・・あの女が憎くて・・・陥れたくなる」

つづき