羽瑠「商は王を失い、王朝は周のもの・・・丁度いいな」
春河「そのつもりだ、奴は頼りになる」
春河「それよりも・・・なあ、魅紗」
魅紗「・・・どうしたの?」

つづき