揚華「(・・・ここはどこだ?)」
揚華「(俺は、今、死んだはずなのに・・・)」
「・・・いってぇな・・・」
「”自分はいつ死んでもいい”そんな事、いつも考えてるくせに」
「・・・・・・まさか、こんな抵抗をしてくるなんて思わなかったぜ」
揚華「・・・その傷、その目!!お前まさか!?」

つづき