古鏡「ねえ、じいじ」
古鏡「主上様の事なのですが・・・古鏡は不安で仕方がありません」
雪鳳「・・・・・・太伯の件以来、ますます、塞ぎ込みがちになってしまわれたのう」
古鏡「主上様は心が清らかで優しい人ですが、ほとんど人と会われたことが無い方ですから・・・」

つづき