欄陵「・・・」
双樹「ん?何?」
欄陵「・・・向こうを向いていろ、服がほつれてる」
双樹「手を煩わせるのも悪いし、後で自分で・・・」

欄陵「何を言う」

欄陵「お前は召使じゃない、友人じゃ・・・気を使う必要なんて無い」

つづき