金母「久しいわね」
金母「貴方と最後に会ってからどれくらいかしら?」
金母「”閻王"のお気に入りですものね・・・なかなか自由にさせてもらえないんじゃないの?」
泰山「・・・・・・いえいえ、滅相も無い」
泰山「確かに私はあの御方の侍者として、長く勤めてますが」

つづき