嫦娥「どういう、事なんだ!?」
嫦娥「双樹を、姫と終始、一緒に過ごさせるなんて!」
嫦娥「今まで、あいつの事をろくに構わなかったくせに
・・・都合のいいときだけ、利用するんだな」
雪鳳「・・・・・・確かに、ワシはあの子に何もしてやれておらぬな」
嫦娥「・・・アイツは頼まれた事は断れない
どうせ、やりたがる人間が居ない事を見越して選んだんだろう?」

つづき