帝鴻「尤渾殿でしたね」
帝鴻「まさか、あの一族にこんな若い方が居たとは」
帝鴻「いや、私でも知らなかった」

尤渾「・・・・・・」
尤渾「・・・・・・ええ、隠すように育てられていたので」
帝鴻「まあ、いい・・・貴方は背丈が殿下に近い」

つづき