欄陵「・・・これでよし!」
双樹「え?」
双樹「どうしたの?これは何」
欄陵「・・・・・・」
欄陵「・・・・・・お前には、もうしわけないと思っているのじゃが」

つづき