緑流「・・・でさ」
緑流「親父・・・ああ、鬼岩にはもう任せてられないって雪鳳がいきりまいて」
欄陵「・・・・・・」
緑流「常に俺を見張ってるっていうわけ」

つづき