欄陵「・・・ここは」
欄陵「・・・いや、知ってる・・・前に来た場所じゃ」
阿朱「紂王様・・・・・・お話したい事があるのです」

つづき