煌凛「・・・・・」
紂王「どんな顔をして戻ってくると思えば」
紂王「憔悴しているな・・・好きな男の所へ行き楽しかったのだろう?」
紂王「馬鹿な奴だ、こうなることは解っていただろうに」

つづき