阿朱「貴方が強がる時、僕にはわかるんです・・・それが、とても辛いから」
紂王「・・・面白いことをいうな」
紂王「大丈夫だ」
紂王「お前は繊細な心根を持っている・・・こうして傍にいるだけで十分なのに」

おわり