煌凛「・・・だから、わたしは戻ってきた、どんな罰でも受けるわ」
紂王「・・・そうか」
紂王「ならば、罰を与えよう」
紂王「死ね」

つづき