紂王「・・・こうりん・・・」
紂王「・・・お前まで置いて行くのか」
紂王「・・・何故、我の手元には何も残らない」

つづき