春河「・・・言いたい事は山ほどあるし、それじゃ足りないぐらい腹立たしいが」
春河「もう時間が無い、阿朱を追いかけたければそうすればいい」
春河「それがどういうことか、お前にだって分かるだろう?」

緑流「・・・・・・」

緑流「そりゃあ、今更、死ぬのなんて恐くはないさ」

緑流「全部、俺のせいだ・・・・だけど、俺には出来ない」

つづき