春河「・・・こ・・の・・」
春河「・・・手間をかけさせやがって」
春河「国を縛るのが、お前の役目なら」
春河「お前は生きていない方がいい!!」
雪鳳「まて!」

つづく