揚華「・・・なんてこと仕出かしたんだ!?」
揚華「お前のせいで、俺まで出入りできなくなったじゃねーか」

緑流「イタタタ・・・」
揚華「あっ・・・」
揚華「お前は」
春河「久しぶりだな」

つづき