飛龍「氷蓮・・・」
氷蓮「・・・なあに?」
飛龍「いや、氷蓮はずっと変わらないな・・・と思って」

つづき