魅紗 「・・・阿朱がね。緑流にチョコレートをあげてて、緑流がすごく喜んでたのvv」

春河「(!!)」
春河「(アホだろ、あいつら)」
魅紗 「・・・羽瑠も、きっと喜ぶと思うの」

春河「・・・仕方が無いな、正しあたしは作れないから、適当に買ってこい」
魅紗 「やった〜!」

バレンタイン(魅紗編)へつづく