阿朱「あっ春河・・・おかえり何処へ行ってたの?」
春河「いや、大したようじゃない」

阿朱「・・・羽瑠さんは?」

春河「・・・ああ、帰って来てるが、疲れて寝てるんだ、そっとしてやってくれ」
緑流 「阿朱、おはよう・・・あっ、春河、帰ってきてたんだ」

春河 「・・・まあな」

つづき