芙螺夢「那雫、朝やで〜!」
芙螺夢「ああん、窓に手が届かん!ちょいとまたぐで〜堪忍な」


ガラッ!!

那雫「・・・んっ」
那雫「・・・眩し・・・」
那雫「・・・・・・・・・・・」

芙螺夢「はぁ・・・・開いた、開いた」

つづく