芍薬「那雫君たちと別れるのは寂しいね・・・折角、出来た友達だもの」

栖乃兎「・・・・・・・」

栖乃兎「そうね・・・・・・でも大丈夫、何度も繰り返していることだもの」

つづく