阿朱「(今、逃げないと、しばらく戻れそうにないな・・・・)」
芙螺夢「しかし、急な召集やねぇ」


芙螺夢「あんまり休んでなくて、疲れてへんか?」
阿朱「あっ、ううん」

つづく