敦司「・・・暇だねぇ」
阿朱「開けてください〜!!」
敦司「・・・どうしたの?」
阿朱「ハァ・・・ああ、敦司さん」

つづく