阿朱「おかえりなさい、羽瑠さん」
阿朱「・・・ずいぶん、遅かったじゃないですか?」
羽瑠「あれ?」
羽瑠「今日は機嫌が悪いみたいだね」

阿朱「当たり前でしょ!」

つづく