阿朱「羽瑠さん・・・」
羽瑠「何?」
阿朱「・・・やっと、確信しました、貴方がずっと”あの研究”にこだわる理由を」
羽瑠「・・・・・・・・」

つづく