羽瑠「今の”芙螺夢”だ」
阿朱「え・・・・」

羽瑠「まあ、本人はその事に気づいていないがな」
羽瑠「彼女が打った剣が、唯一、人が造ったディアドラとして存在するのはそのせいだ」
阿朱「・・・・そんな・・・・」

つづく