羽瑠「・・・・」

芍薬「・・・帰っていたのか」
芍薬「・・・遅かったじゃないか心配したぞ・・・」

つづく