春河「・・・あ、あんたに守られたいわけなんかじゃ!」
春河「・・・用事思い出したから帰る!!」
揚華「・・・なんだあいつ・・・突然」
揚華「・・・・・!」

つづく