双樹「・・・・・でも、こんな風に怜也って書いてあると、嫦娥と怜也が二人居るみたいでなんだか楽しいな」


怜也「おい、そっちの名前はこっちで言うな」

双樹「ごめん、これでも極力気をつけてるんだよ」


双樹「・・・・・やっと慣れてきたんだから」

怜也「順応、遅すぎるぞ!」


怜也「あっ、電話だ」

つづく